本文へスキップ

新井律子建築設計事務所は関西で住宅の設計を中心に仕事をしています。

TEL. 06-6222-1805

〒541-0042 大阪市中央区今橋2-1-1新井ビル4F12

新着情報・FAQ新井家住宅

新井家住宅

新井家住宅(登録有形文化財)泉佐野市

新井家住宅は、新井末吉(1864年〜1936年)が1932年(昭和7年)に迎賓館を兼ねて自邸として建てた純和風建築です。
小高い丘陵の敷地は約7500u(2500坪)あり、南東の方角に七の池を臨んでいます。1999年(平成11年)7月、奥座敷、座敷、主屋、土蔵、大門、土塀が国の登録有形文化財に登録されました。

屋敷には全長100mほどの白壁土塀が巡らされており、門を入ると、みごとな松の和風庭園があります。 庭園を囲む建物は、コの字型に奥座敷、座敷、主屋で構成されています。
正面玄関を入ると、一間の床の間のある13畳の座敷と、10畳の続きの座敷があります。
建物の室内は書院造から発展した意匠が用いられ、精密な組子の明かり障子や格天井など、昭和初期の大工技術の質の高さと上質な材料に恵まれ、落ち着いた佇まいを見せています。
廊下を進んだ左手の奥座敷は、一間半の大床の間がある15畳の座敷と10畳の続き座敷、さらに控え室が設けられ、ゆったりと庭を見渡せるよう畳廊下と縁を配しています。

バナースペース

新井律子建築設計事務所

〒541-0042
大阪市中央区今橋2-1-1新井ビル4F12

TEL 06-6222-1805
FAX 06-6222-1807
フェイスブックフェイスブックブログ